業者にパソコン廃棄を依頼!料金を抑えることも可能

男性

パソコンの処分方法はいろいろある

業者に依頼しなくても、販売店やメーカーに依頼してパソコン廃棄をしてもらえることもあります。ですから、自分の好きな方法で処分すると良いでしょう。また、業者に依頼すると買取してくれる場合もあるので、お得になることも多いです。

パソコン廃棄業者を選ぶ際の基準ランキング

no.1

データ消去をしてくれる業者は安心

業者によってはパソコンの回収をするだけで、データの削除まではしてくれないこともあります。パソコンを処分するときは絶対にデータ消去までしてくれる業者に依頼したほうがいいです。データ消去してくれない業者に依頼してしまうと、後悔してしまうでしょう。

no.2

業者の工場や作業場所は安全になっている

工場などの作業場所のセキュリティ対策が完全じゃないと、情報を盗まれてしまう場合があります。信頼できるような業者じゃなければ危険なので注意しておいたほうがいいです。ホームページなどにセキュリティの記載などがあれば大丈夫です。

no.3

法人買取にも対応している業者は安全

企業のパソコンには重要なデータが大量に含まれている可能性があります。そのようなパソコンを処分してくれる業者はデータ消去もしてくれますし、セキュリティ対策も万全と言えるでしょう。しかし、その分料金が高くなるかもしれません。

no.4

接客応対やスタッフの雰囲気が良い業者

パソコンを持っていったときなどにスタッフの対応が良ければ安心しやすいです。不機嫌な対応だと人によっては不快に感じることもあります。事前にスタッフの対応を確認することは難しいのですが、ホームページなどでは確認しやすいです。

no.5

口コミや評判による評価が高い業者

実際に利用したことがある人の感想が聞ける口コミなら、利用していない人でもどのような業者かすぐにわかります。インターネットでも調べられますが、友人や知人から聞いてみてもいいです。なるべく信用できる人から聞くと良いでしょう。

正しい業者の選び方をしないと後悔する

パソコンの見積もりを事前にしてくれる

事前にパソコンを引き取る料金を提示するのが一般的です。最近ではパソコンを処分してくれるだけでなく、買取してくれる場合もあるので、そのような業者に依頼したほうがいいと思います。なるべく事前に調べておきましょう。

小さな業者に依頼する際は注意が必要です

小型のトラックなどで巡回して無料で回収してくれる業者は一見お得に見えるかもしれませんが、実際は不法投棄をしたりデータ消去などをしていない場合があります。なるべくしっかりした業者に依頼することが大切です。

確実にデータを消去してくれる業者に依頼する

パソコンを処分する際はデータをしっかりと消去する必要があります。業者によってはデータを消さないで悪用する場合もあるので、そのような業者に依頼しないようにしましょう。多くの人が利用しているような業者であれば信用しやすいです。

パソコン以外も処分してくれると便利

モニターやキーボードなどをついでに処分してくれる業者なら、パソコンの周辺機器を処分する手間が省けます。しかし、モニターに関しては割れていると処分できないこともあるので、業者によっては確認が必要です。

送料無料の業者なら費用を抑えられる

梱包発送でパソコン廃棄をしてくれる業者に関しては、店舗などに直接持っていく必要がありません。ただ、業者によっては送料が発生してしまうでしょう。なるべく送料無料の業者に依頼して安く利用したほうがいいと思います。

処分する際の料金について

作業員

パソコン廃棄に必要な料金はさまざま

データ消去のやり方によってパソコンを処分する際の料金に違いがあります。料金を安くしたいのであれば、どのようなデータ消去法をしているのか確認してみましょう。確認しないで利用してしまうと、高い料金で利用してしまうことになります。

データを上書きして消去する方法は少し高め

専用のソフトを使用してデータを上書きすると、料金はかなり高くなってしまいます。市販で上書きするソフトが販売されていますが、高額ですし失敗してしまうと意味がないので、業者に依頼してやってもらたほうが良いでしょう。

物理的に破壊する方法は料金が安い

圧力機などで物理的に破壊する方法は、比較的安価です。こういった方法は自分でも一応できますが、怪我をする可能性もあります。また、依頼をしてもそこまで高い費用が掛からないので業者に依頼したほうがいいです。

無料でできるデータ磁気消去方法

磁気でデータを破壊する方法は基本的に無料で行ってくれます。料金をできるだけ安く抑えたい人であれば、かなり得できると思います。ただ、データ消去証明書を発行してくれないこともあるので、業者に問い合わせをして聞いてみましょう。

広告募集中